MTF-MA_v3.1

MTF-MA_v3.1は以前作成したMTF-MA_v3.0を少し手直しした指標です。


上図では 1分足のチャートに 10分足の移動平均線を描画しています。

前回のMTF-MA_v3.0に色々な物を付け足そうと思ったのですが、重たくしても仕方が無いかなと思い止めました。コードを書き直したら少しだけ纏まったのでファイルサイズは少し小さくなりました。使い勝手は変わらずで、1分足は若干引っかかります。。。

MTF-MA_v3.1のパラメータ設定

パラメータの設定はMTF-MA_v3.0と同じです。


Time_Frame
作成する移動平均線の時間足を設定します。設定は選択式になっています。デフォルトでは「Current」に設定されていますので、通常の移動平均線が描画されます。

上位時間足を使用する際の設定方法は以下の条件を踏まえて選択して下さい。

・チャートの時間足の倍数である値を選択する

ここで言う時間足とは「分足」の事です。1時間足なら 60、日足は1,440、週足は10,080、月足は43200です。

例えば 8時間足は分足にすると 480で 4時間足(240)の倍数ですから、4時間足のチャートに表示出来ますが、 6時間足は分足にすると 360なので 4時間足では表示する事が出来ません。

誤った選択をした場合は通常の移動平均線が表示されます。


MA_Period
移動平均線の期間を設定します。


MA_Method
使用する移動平均線の種類です。設定は選択式になっており、以下の 4種から選択します。

Simple(単純移動平均線)
Exponential(指数平滑移動平均線)
Smoothed(平滑移動平均線)
Linear_Weighted(加重移動平均線)


MA_Shift
移動平均線を左右へシフトします。正負の値を入力して下さい。正の値を入力すると移動平均線が右へ、負の値を入力すると左へシフトします。デフォルトでは 0に設定してあります。


Line_Width
移動平均線の太さを設定します。ラインの太さは L1~L5 の中から選択します。一番下の「_」はエラー回避の為に入れているだけなので気にしなくて良いです。選択するとL1に設定されます。


Line_Style
移動平均線の描画方法を選択します。「Line_Width」で「L1」を選択した場合のみ変更可能です。直線を点線等に変更する事が出来ます。


Line_Color
描画されるラインの色を設定します。こちらも選択式です。


Draw_Line_Type
描画するMTFラインの線種を選択します。

Step_Channel
通常のMTFで描画される階段状のラインです。

Smooth_Slope
MTFラインを滑らかに描画します。新しい時間足に切り替わった直後はラインが激しく折れ曲がって表示されますが、これは不具合によるものではありません。

これは、階段状のラインをベースに作成している為で、時間経過共に右へスライドして伸びて行くので最終的には平滑的なラインが描画されます。


Decimal_Place
表示される価格の、小数点以下の桁数を設定します。通貨によって単位が異なるので使用し易いように設定して下さい。価格はラインにカーソルを乗せた際に出てくるポップアップ画面に表示されます。


Use_Custom_Bars
インジケータの描画本数を変更可能にするかどうかを選択します。デフォルトでは「true」に設定してあります。

「true」 = 変更可能。

「false」 = 変更不可。全ての足に描画されます。


Custom_Bars
インジケータの描画本数を設定します。「Use_Custom_Bars」を「true」に設定している場合のみ適用されます。

デフォルトでは「2,880」に設定してありますので、1分足で2日分のラインが描画されます。最低描画本数は 約1,000本です。


インジケータファイルは以下のリンクからダウンロード出来ます。不具合に関してはいつもの通りですので発見しましたらご報告頂けると非常に助かります。


MTF_MA_v3.1.ex4


関連指標: MTF-MA     MTF_MA_v2     MTF-MA_3Lines_v1     MTF-MA_v3.0(試作品)


トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧

Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー